オーディションのポイント

多くのタレント養成所では、全国各地にオーディション会場を設けていて、大勢の赤ちゃんが参加します。赤ちゃんモデル合格への倍率も高く、オーディションで上手くアピールできないかもしれません。赤ちゃんを一生の思い出として、テレビやCM、ポスターなどに参加させたいと強く願っても、オーディション会場の状況により叶わない事があるでしょう。そのような場合でも、次のオーディションチャンスは幾らでもありますので、諦めずに頑張りましょう。

また、2時間置きに、赤ちゃんが授乳を求めて泣いて、オーディションどころではなくなったとしても、諦めてはいけません。オーディション会場には、多くのサポートスタッフや、赤ちゃんのケアをできるスペースを設けているので、迅速に対応して貰えます。さらに、オーディション用の衣装や小物を悩む方がいますが、合格すればテレビや映画、CMなどに出演できる機会が増え、出演料が支払われますので、奮発しても良いと思います。もちろん、赤ちゃんだけのオーディションではないので、お父さんもお母さんも赤ちゃんと一緒に体験しながら、楽しむのがポイントです。体を動かしたり、音楽に触れて赤ちゃんの表現力を引き出してあげて下さい。