オーディションのポイント

多くのタレント養成所では、全国各地にオーディション会場を設けていて、大勢の赤ちゃんが参加します。赤ちゃんモデル合格への倍率も高く、オーディションで上手くアピールできないかもしれません。赤ちゃんを一生の思い出として、テレビやCM、ポスターなどに参加させたいと強く願っても、オーディション会場の状況により叶わない事があるでしょう。そのような場合でも、次のオーディションチャンスは幾らでもありますので、諦めずに頑張りましょう。

また、2時間置きに、赤ちゃんが授乳を求めて泣いて、オーディションどころではなくなったとしても、諦めてはいけません。オーディション会場には、多くのサポートスタッフや、赤ちゃんのケアをできるスペースを設けているので、迅速に対応して貰えます。さらに、オーディション用の衣装や小物を悩む方がいますが、合格すればテレビや映画、CMなどに出演できる機会が増え、出演料が支払われますので、奮発しても良いと思います。もちろん、赤ちゃんだけのオーディションではないので、お父さんもお母さんも赤ちゃんと一緒に体験しながら、楽しむのがポイントです。体を動かしたり、音楽に触れて赤ちゃんの表現力を引き出してあげて下さい。

オーディションまでの流れ

まず、テアトルアカデミーのオーディションに掲載されているような赤ちゃんモデル部門を立ち上げているタレント養成所を見つけて、オーディション用のエントリーをパソコンやスマートフォン、郵送などで送ります。たとえば、タレント養成所によっては、0歳から3歳未満までと年齢制限を設けているので、事前の確認します。次にスマートフォンで、赤ちゃんの素の写真を撮影してエントリーシートに保存します。できるだけ、赤ちゃんひとりのみ写真で、鮮明に上半身が写っていることが望ましいです。お母様やご家族の方が写り混むのは控えましょう。そのあとに、エントリーシートの各質問内容に必要事項を記入して、タレント養成所に送ります。オーディションのエントリーシートを送付後、約3週間以内にオーディション資料が送られてきます。

そして、ここからが赤ちゃんとご家族の勝負になります。まず、タレント養成所から指定された日時に、オーディションに向かいます。赤ちゃんもご家族のみなさまも、緊張するかもしれませんが、オーディションでは、ご家族への質疑応答や赤ちゃんの素の表情を確認されるので、リラックスした気持ちで参加しましょう。もし、オーディションに合格できれば、1週間以内に連絡を受け、ご希望に合わせてたレッスンがスタートする流れです。

赤ちゃんオーディションとは

皆様は、赤ちゃんから高校生までの多くの子供たちが、テレビや映画業界の中で頑張っている姿を見た経験ありませんか?とくに赤ちゃんは、モデルの需要があり、オーディションも全国各地で開催されているのが特徴です。次にタレント養成所に入所する方法は、まずオーディションを受けます。オーディションでは、エントリーシートに記入された必要項目や、ご家族へのお話し、赤ちゃんの表情や表現力、振る舞いなどを確認して、出演できるかどうか決められます。そのため、エントリーシートを上手に書いて、赤ちゃんのベストな写真を添付することが合格への近道です。もし、合格すれば、あなたの赤ちゃんもモデルになれるでしょう。また、それぞれのタレント養成所によって、今後のお仕事内容や仕組みが異なりますが、お母さんやお父さんも赤ちゃんと一緒に頑張っているのが特徴です。

ただし、3歳未満のお子さまであれば、登録だけしてオーディションを受けなくても良いタレント養成所もあります。もちろん、赤ちゃんモデルオーディションを勝ち抜いた以上に、一年間の登録だけでも費用がかさむ事があります。このように、赤ちゃんのモデルオーディションは、タレント養成所によって異なります。一概にもどこがおすすめなのかは言えませんが、ご家族のライフスタイルに合わせて、オーディションを勝ち抜くのが良いでしょう。そこで、今回はもっと詳しくオーディションの流れから、赤ちゃんとご家族がオーディションを受けるポイントについて説明します。